「年間100曲」ペンギンスのコーライトな日々

コーライティング(Co-Writing)で年間100曲を完成させ、職業作曲家としてメジャーアーティストに楽曲提供しているペンギンスが、毎日のコーライティングで想うことを書いてます。

誰とコーライトするかにこだわり、コーライトした以上、信じる。

おはようございます、作曲家のペンギンスです。

連休最後の土日はむっちゃいい天気でテンション最高です。

幸せやわぁ。

 

さて、タイトルの通り、最近は誰とコーライトするか、ということを大切にしています。

 

・あたらしく出会ったひと

・とにかくナンバーワンなひと

・こっちがめちゃめちゃ慣れてるひと

・ひさしぶりの人

・え!めちゃ仲いいけど実はまだコーライトした事なかったでしたっけ!?wなひと

・誘うのがびびるくらい売れてるパイセンw

 

などなど。

 

誰とコーライトするか決めるのが最高のディレクションだ、的なことを多分昔このブログにも書いたんですけど(過去ログ調べないでいってますw)ほんとにそうで、誰とコーライトするか決まった時点で8割9割できる曲は決まってくるなあ、と思います。

 

そして大事なのが、コーライトした以上は信じる、ってこと。

 

その人がどういうレベルの人で、どういうスタイルで、ということがあらかじめわかっているのだから、それを信じる。シビアな言い方をすれば、信じられない人とは一緒にやれない、という事になりますね。。

 

なので、こういった判断軸をぶらさずにいれば、自分のスタイルを創り上げ、それを保ったまま、素晴らしいコーライトも成立させられるという事になるのかなと思います。

 

こっちにも向こうにも個性やスキルの柱がないと、お互いに支えられないよっていう話ですね。

 

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210508100300j:image

オンライン&リアルセッションでした!

こんにちは、作曲家のペンギンスです。

5月1日、2日と、オンライン&リアルのコーライティングセッションイベントを実施しました。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210503142024j:image

私は初日はオンライン。自宅からZOOMでチームメンバーとつながり、3人でコーライト。10時から18時までガンガン進めて、1曲を完成させます。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210503142134j:image

こちらはオンラインでのボーカルディレクション(曲をよいものとするため、ボーカリストとコミュニケーション取り歌い方の精度をあげていくこと)の様子。

けっこういろんな方から、オンラインでのライティングセッションには、なにか特別なソフトなどが必要ですか?と聞かれることが多いのですが、僕の場合はそんなことはないです。

音楽制作はそれぞれの普段使いのDAW、ファイルのやり取りはFacebook messengerと外部のuploader。そしてオンラインのface to faceの会話はZOOM。最後のZOOM以外は、普段のコーライトと変わりません。

 

〆切時刻の18時に向けての緊張感は、、やっぱたまんないっすねw

 

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210503142912j:image

そしてこちらが2日目。僕のチームはリアルコーライトでした!

チームメンバーのよく知るミニ音楽ホールを特別にお借りして、3名がリアルに現場に集まりました。

 

いやぁぁぁぁぁぁこれですよこれ!やっぱりリアルコーライティングセッションは最高です!

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210503143441j:image
f:id:PENGUINS_PROJECT:20210503143431j:image

鍵盤やギターを持ち寄り、トラックメーカーの画面を直接みながら話し合う。

ボーカルディレクションも、もちろん対面で。

最高の1曲ができ大満足でした。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210503143604j:image

ご飯もおいしかったです。ごちそうさまでした。

 

こうして2日間のライティングセッションイベントが終わりました。

 

得るものが得られ、気づくものに気づけた大切な2日間でした。

心を亡くすと書いて

忙しいと読む。

 

おはようございます、作曲家のペンギンスです。

久々に今朝は小雨まじりですね。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210429080330j:image

 

作曲家って自由な職業で、ひとりひとり完全に個別のスケジュールで動いてる・・・ように見えるんですが。

これが不思議なもので、なんとなく全員がヒマそうにしてる時期もあれば、なんかよくわかんないけど全員忙しそうにしてる時期があるんですよね笑。

 

で、今は後者です笑。

数ヶ月単位かな、波があるんですけども、やたらとどの作家も「いまちょっとやばくて。。。」とぼやきながらメールの返事が遅くなったり、誘いにつれない返事だったりする時期があります。普通のお仕事だと月末、期末とか、逆に月初、期初とかの規則性があると思うんですが、作家の場合そういう暦通りの規則じゃないけど、なんか四季折々の笑、忙しさの共通した波みたいなものがあります。

 

もちろん僕もでして、おい4月は明日までだぞ、と震えてるんですけど。。。

 

忙しい時ほど僕の場合は開き直って寝るようにしてます。というか寝ちゃいます。もたないんですよね。。

で朝からこうしてゴリゴリとうごく。

 

焦った勢いで普段あとまわしにしてる事にあえて着手する!(こうして人は〆切直前に別の曲を作り始めるんですねw)

 

などなど。

連休はこんなご時世ですが、それなりに自分として楽しみな予定が公私ともにあるので、がんばっていきたいとおもいます。

 

みんな楽しく平常運転続けていきましょう!

 

 

朝から提出。

おはようございます、作曲家のペンギンスです。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210426070808j:image

作曲家の〆切って朝8時、みたいな感じが多いのですが(当社調べw)、まぁ徹夜して朝出してぱたん、みたいな想定だと思うんですけど。今朝も提出して恒例の朝のお散歩です。

僕の場合は朝型生活なので、トラックメーカーが仕上げたものを早朝に起床して確認し、多少やりとりした後に完成、提出という感じが多いです。

切り替えてまた、ここから1日が始まります。今日もまた曲を作る!!

西日が強い

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210423214626j:image

こんばんは、作曲家のペンギンスです。

南極スタジオ🇦🇶、西日が強い。

さっきまでこんな感じでした。

春から夏になっていくこの季節を感じます。

部屋の内装とか一緒でも時間の経過や季節の変化をすぐに感じられるので個人的に作業場所には窓は欲しい派です。

マインクラフトの世界に

スタジオを建てました笑

 

おはようございます、作曲家のペンギンスです。

 

先日はじめたマインクラフト、さすがに忙しくてたまにしかさわれないんですが。

 

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210420081201p:plain

サバンナの小高い丘の上に、レコーディングスタジオを建てました笑

 

モデルにしたのはイギリスのウィルトシャーにあるPeter GabrielのReal World Studioです(真面目にリファレンスする笑)

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8e/Real_World_Studios.jpg

ガラス張りって素敵ですよね。。。

内装もなるべくそれっぽく笑


ぼちぼち続けていきます笑

エレキギター買ったよ!

おはようございます、作曲家のペンギンスです。

いやぁ、ついに買ってしまいました。

ずっと借りもので弾いてましたが、エレキギター。

 

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210418073630j:image

 

この青ですよこの青。わぁい。

Fender USA American Professional Ⅱ Stratocaster HSS

です!

 

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210418074044j:image

 

HSSということでハムバッカーが付いてます。ええ、ハムバッカーという概念を買うときに店員さんから教えてもらいましたよ笑。

 

ハムバッカーだとよりパワフルな音が出る上にノイズが少ないんだよ!(清々しいほどの受け売り)

 

シングルタイプのクリーントーンのカッティングも捨てがたいのですが、僕はそもそも全然弾けないので笑、カッティング入れるくらいなら人に頼みます。

自分で弾きそうなのはJPOPで帯域を埋めるための歪ませたパワーコードの白玉バッキングとかなので、実はパワー命なんすよね。

ノイズが少ないのも宅録メインの用途にはありがたい。

 

ギタリストじゃないのでこれで元を取る食って行くと直接思ってるわけじゃないですが、作曲の幅を広げつつ、一生この一本で行けたらいいなと思ってます!