「年間100曲」ペンギンスのコーライトな日々

コーライティング(Co-Writing)で年間100曲を完成させ、職業作曲家としてメジャーアーティストに楽曲提供しているペンギンスが、毎日のコーライティングで想うことを書いてます。

事前に全部公開します!7/31開催「コンペで決まる!再生数が伸びる!あなたの曲をキャッチーにする12の方法-」教材ページ【前半】

こんにちは、作曲家のペンギンスです。

-はじめに-

本日のブログ記事は、以下のとおり7月31日に開催するオンラインセミナー「コンペで決まる!再生数が伸びる!あなたの曲をキャッチーにする12の方法-CWF presents ペンギンスTIPSシリーズ Vol.1-」の事前公開教材となっております。

既にお申し込み頂いた方は当日の受講までにこのページをご一読頂いてから参加されますと、スムーズに内容が理解でき、また事前に質問点をまとめるなどセミナーを有効に活用できるかと思います。

またこのブログ記事を読んでためになった!こう言う記事を待っていた!という方はおそらく7/31の当セミナーを受講いただきますと非常に有意義な価値を提供できると思いますので、以下のPeatixサイトから是非お申し込みをご検討いただければと思います。

↓↓↓当ブログ記事が事前公開教材となっているセミナーはこちら!↓↓↓

penguins-tips-vol1.peatix.com

-本文-

はじめに「キャッチーってなんですか?なんのためですか?」

キャッチー(Catchy)という英語があります。日本でも、特にポップ・ミュージックの世界で「わかりやすい、覚えやすい」という意味で使われる用語として定着しています。Catchしやすい、ということですね。

この「キャッチー」という本日のテーマについて、まず最初にお伝えしたいこと、誤解を解いておきたいことが、ふたつあります。

まずひとつめ。誤解しないでいただきたいのは「単純化された商業的な音楽だけを作りましょうと言っているわけでは全くない」ということです。キャッチーというのは「伝わるデザイン」のことだと思っています。内容が商業的かどうかは全く関係ありません。「作者が意図したことが、多くの人に無条件で伝わりやすい」ということだと思います。つまり、マニアックな音楽であっても、パーソナルな音楽であっても、キャッチーであることは決してその音楽の価値を損なうものではありません。むしろマニアックだったりパーソナルな音楽がキャッチーさを持つことによって、他にない独自の個性が広く伝わるきっかけになります。

次にふたつめ。「キャッチーにするためのTIPSに沿って曲を作れば、必ずいい曲になるわけではない」ということです。順番は、むしろ逆です。「いい曲だけどキャッチーでない曲を、TIPSに沿ってキャッチーにすることで、いい曲でなおかつ、世の中に届きやすい曲になる」という順番です。最初から何も魂や衝動、訴えたいこと、やってみたいジャンル、取り上げたいテーマなどなしに、ただ機械的にキャッチーとされる要素を詰め込んでも、うまくいきません。最初に必要なのは、あなたの初期衝動です。そういう意味では、今回の内容はシンガーソングライターなどアーティストの方にこそむしろ届けたいと思っています。

「商業的な音楽を押し付ける意図はない」ということ。「最初にまずいい曲があってこそ、キャッチーにするためのTIPSが活きる」ということ。このふたつを念頭において、以下、12のTIPSを読み進めていっていただければ、と思います。

今日ご紹介するのは、J-POP/K-POP/洋楽の数々の名曲。その中で普遍的に応用のきくエッセンスを「キャッチーTIPS」として12個、ご紹介することで、あなたの曲をキャッチーにします。なお、キャッチーかどうかの対象は、メロディーだけと誤解されることが多いですが、その限りではありません。歌詞によるキャッチーさ、アレンジ等によるキャッチーさもあります。それらを総合的に紹介できればと思います。

 

TIPS1「繰り返す-メロディーも、歌詞も、アレンジも、繰り返す勇気を持とう-」


ex)Justin Bieber「Baby」

open.spotify.com
Justin Bieberの「Baby」のchorus(J-POPにおける「サビ」)では、「baby, baby, baby」と「baby」という歌詞が同じ音程のメロディーにのせて繰り返されます。このように繰り返すことを恐れない、というのはJ-POP/K-POP/US POP問わずポップスの基本中の基本にしてゴールです。連呼することで、人は覚えます。連呼することで、心に残ります。連呼することで、重要だ、と伝わります。

作曲家として非常によくわかるのですが、「繰り返す」という行為には「手抜きをしているかのような後ろめたさ」と「他のことも言いたい、伝えたい」というふたつの気持ちがつきまといます。しかし、繰り返すだけの価値があるフレーズを作り出すことが大切なのであり、それは手抜きではなくむしろもっとも価値の高いフレーズだけを届けるという高い技術の表れです。そして、あれもこれも伝えることはできません。TIPS2で書いたとおり「削ぎ落とす」ことが必要です。(そういう意味でこのTIPS1はTIPS2とセットと言えるでしょう)。

なお、よく聴くと「baby」という歌詞は一緒、2度で動くメロディーの音程も一緒ですが、リピートするたびに微妙にメロディーのリズム(譜割)は変わっているというのも面白いポイントです。「複数の要素(音程と歌詞)を繰り返しながら、ひとつの要素(リズム)が少しずつ変わっていく」というのは、飽きさせずに繰り返すためのテクニックと言えるでしょう。

TIPS2「削ぎ落とす-メロディーも、歌詞も、アレンジも、削ぎ落とす勇気を持とう-」


ex)Ellie Goulding「Love Me Like You Do」

open.spotify.com


TIPS1と対を成す要素がTIPS2「削ぎ落とす」です。Ellie Goulding「Love Me Like You Do」のchorusパートでは、たった2音を行き来する超シンプルなメロディーに「Love Me Like You Do La La Love Me Like You Do」という歌詞(とその変化形のみ)が延々と繰り返されます。ごく優れた一部のパートをリフレインすることで、他のパートに必要以上に目がいかないようにする、同じ印象を多数のリスナーに与え、曲のイメージを固定する効果があります。

削ぎ落とすという意味では、存在している他のパートがどのようなものかも重要です。chorusパートを引き立てるために、楽曲冒頭のintroからverse、2nd verseと進んでいく中で、決してchorus以上のクライマックスは登場しません。全てはLove Me Like You Doを連呼するクライマックス=chorusパートへの導き、導入にすぎないのです。

曲の中に、あれもこれも、と詰め込んでいませんか。大切な要素、もっとも伝えたい箇所をみきわめ、他の箇所はすべてそれを引き立てる側にまわすことが大切です。

TIPS3「楽曲の構成を工夫する-何を最初に伝えたいか、どの順番なら伝わるか-」


ex)紅蓮華(Bメロから始まりintro-A-B-サビ)

open.spotify.com


キャッチーかどうかは、絶対的なものでもありますが、相対的なものでもあります。1曲のなかで、静かなセクションのあとに激しい展開があれば、耳を惹きます。逆にずっと激しい展開の中で、1箇所だけ静かなブレイクがあると、ハッとさせられます。このように、全体の構成そのものが、キャッチーさを演出する上で重要です。ここ数十年のJ-POPできわめて効果的だった手法のひとつがいわゆる「サビ始まり」です。

曲のクライマックスである「サビ」を冒頭に持ってくる手法は非常に効果的であったため、多用されましたが、今ではさらにその進化形とも言える例が出てきています。そのひとつが近年「鬼滅の刃」タイアップで驚異的なヒットとなったLiSA「紅蓮華」でしょう。この曲はBメロから始まり、短いイントロを経てA-B-サビという通常の構成に入ります。この構成は、初めて聴いたとき、冒頭のBメロをサビだと思わせることによって、Aの次にサビが来たと一瞬錯覚させたのち、よりドラマチックな本当のサビがやってくる驚きをリスナーに与えます。

さらに近年では、サビを持ってくることすらまだるっこしい、とばかりに、イントロなしでいきなり歌で始まったり、歌い出しであるAメロがサビより印象的だったりという新しい次元に突入しているように思います。これらもまたサブスクリプション時代における、冒頭数秒の大切さ、という事情から生まれた、新しいキャッチーと言えるでしょう。

TIPS4「メロディーのレンジ-クライマックスを準備し、歌手に配慮する-」


ex)JUJU「やさしさで溢れるように」

open.spotify.com
キャッチー〜伝わりやすい〜音楽をつくるために、実は相当重要なウェイトを占めているのがこの「音域」の問題であると考えています。楽器もそうですし、声はなおのことですが、あらゆる音には「適切な音域(高さ)」があります。歌手の話にしぼれば、まず「男性か女性か」という性別によってかなり歌える音域が限定されてきます。そしてそうはいっても歌は基本的に個人のものですから、ハイトーンが魅力的な男性もいれば低域を得意とする女性もいる。伝わりやすい音楽にするためには個性がよく伝わることが大事ですから、つまり歌う側の声の事情に最大限フィットした曲、メロディーであることが必要になってきます。

この「音域をフィットさせる」というのは、ともすると大ざっぱな理解にとどまりがちです。「下はA音から、上はHi-Dまで出ます」と依頼時に言われたからといって、その範囲内で曲を作っていれば良いというのはあまりにも精度の低い話です。その中で、「このあたりの音域は一番力強く出る」「このあたりは音量が下がりがちだ」といった音域ごとの得意不得意もありますし、瞬間最大風速でハイトーンが出るといっても、連打されたらどうなのか?ロングトーンで伸ばすことはできるのか?ファルセットならもっと高いところまで出るのでは?地声なら言われたレンジよりも低めで作った方がいいのでは?全ては声が出る瞬間、という「現場のリアル」に忠実であるべきです。

例えばこのJUJU「やさしさで溢れるように」では、まずA♭からE♭あたりの音域でAメロを展開させ、今度はBメロでE♭からA♭あたりの音域で徐々に盛り上げていく。そしてサビではさらに上の音域に発展させ、JUJUさんにとって一番美味しいであろうA♭からB♭あたりの音域に、「やさしさで溢れるように」というキャッチーなキーワードをもってくる・・・

いかがでしょうか?音域というものを考慮することが、声の想定、歌詞の想定、メロディー全体の枠組みの設計につながる、きわめて根本的な行為であることがおわかりいただけたでしょうか?音域は単なる制限ではありません。それが個性であり、それが伝えるべきことの軸にもなるのです。

TIPS5「リズムのメリハリ-意表をつく、音楽が止まることでキャッチーになる-」


ex)Zedd「Stay」

 open.spotify.com


「音楽の最高の効果は、流れる音の間に現れる無音の状態にある」とかのモーツァルトは言ったそうですが、これは現代の音楽にも変わらず当てはまります。現代ヨーロッパ世界のモーツァルトと言ったら言い過ぎでしょうか、Zeddの名曲「Stay」においても、dropパート(chorusのようなものだがまさに無音などを駆使することでdropさせつつ最高潮の盛り上がりとなるパート)でそれまで盛り上がってきたトラックが一気になくなり、加工されたボーカルパートのみでクライマックスが奏でられます。これなどは無音であったり、音を極端に減らすことがキャッチーさに繋がっている例と言えるでしょう。(ここでもまたTIPS2「削ぎ落とす」とリンクしていることにも注目)

ここまで極端な例でなくとも、一瞬音を抜いたり、大事な箇所の前にメロディーの長い休符をとったりするのは音楽の基本と言えます。時間の長短あれど、何もないことで興味を引きつけることが音楽の大切な構成要素と言えるでしょう。

TIPS6「メロディーのリズム-シンコペ、表拍と裏拍、4分/8分/16分-」


ex)安室奈美恵「Hope」

open.spotify.com

ex)BTS「Dynamite」

open.spotify.com


前半戦最後のTIPSは、メロディーのリズムに関する話です。どうもメロディーについて考察されたweb記事や書籍などをみると、音程やコードとの関係、つまり和声的な側面に偏重した研究がなされている印象を受けます。しかし、音程なしのメロディーはありえても、リズムなしのメロディーは存在しえません(1音だけではメロディーではない)。ですから、メロディーが持っているリズムについて考えを深めること、その多様性を活かすことが、キャッチーな曲づくりには欠かせません。

ここでも音域についてのTIPS4同様に、曲の構成に応じて、歌い手の個性に応じて、メロディーのリズムを使い分けるということが必要になってきます。例えば例にあげた安室奈美恵「Hope」では力強い擬似三連(四分)のサビメロを軸として、Aメロはその相似形ともいえる擬似三連を、しかし今度は低音域で展開する。Aメロ後半では一転して、休符から始まり四分音符で降りてくる展開に。Bメロでは、Aやサビの擬似三連(四分)とは異なり、転がるような真の三連(八分)でこまかくメロディーのリズムが刻まれる。。。いかがでしょうか?稀有な歌唱力を持つ安室奈美恵に相応しい、多種多様なメロディーのリズムの使い分けが自然とできているのではないでしょうか。

またもうひとつの例としてあげたBTS「Dynamite」はここ最近で一番のグローバル・メガヒットですが、こちらもメロディーのリズムの多様性が見事です。フックとなるchorusのメロディーは「'Cause I-I-I'm」と四分音符の頭拍で非常にシンプルに始まりつつ、「in the stars tonight」と16分でシンコペして終わる。verseでは休符から始まるメロディーのパターンで、8分をまじえた16分のリズムでシンコペ。2nd verse(This is getting heavy〜)からが面白いのですが、頭拍をしっかり歌いつつ、シンコペはせずに16分で刻む面白いリズムです。ここがあるからverseとchorusがうまくつながり、chorusのクライマックスが活きてくるんですね。

前半まとめ

いかがでしたでしょうか。心のこもったよい曲も、それだけでは多くの人々に説明抜き、前提抜きで伝わることが難しいのが商業音楽の常です。でもちょっとしたTIPSを実践することで、ひとつひとつの音楽の要素の魅力が最大化され、リスナーに伝わりやすくなっていくのがおわかりいただけたでしょうか。あなたの音楽を変えるのではなく、あなたの音楽を助けるのがキャッチーTIPSなのです。

では、ちょっと休憩して、後半へ。後半では引き続き様々な具体的TIPSを紹介しつつ、キャッチーさの真実にせまります!

TANEBIライブ行ってきました

こんにちは、作曲家のペンギンスです。

🐧

毎日とってもあついですね。

水分補給しながら元気にいきましょう。

 

さて、おとついになりますが、上田和寛さんと杉山勝彦さんのおふたりによるフォークデュオ「TANEBI」のライブを拝見してきました。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210718142857j:image

会場は中野サンプラザ。現状のコンサート規制に基づく席間を空けた配置でした。

半年ぶりくらいの生ライブでしたが、上田さんの歌声と軽快なMCが素晴らしかったです。

フォークって、人の心をつかむ力があるんですね。ギターという楽器のもつちから、歌詞のもつちから。すごく強さのある音楽だなと思いました。

そして杉山さんを中心としたソングライティングの見事で、あっという間の2時間でした。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210718143530j:image

これからも応援してます!

ナナニジベスト発売!

おはようございます、作曲家のペンギンスです。
本日、「ナナニジ」こと22/7(ナナブンノニジュウニ)のベストがついに発売です!

完全生産限定盤AのDisc2はキャラクターソングベスト。
「生きることに楽になりたい」「神様に指を差された僕たち」
収録いただいています。

www.amazon.co.jp


完全生産限定盤BのDisc2はユニットソングベスト。
「To goでよろしく!」
収録いただいています。


配信リンク

open.spotify.com


なお、ぼくの大切な仲間であるCo-Writing Farmの曲が、全部で10曲以上収録されています。どの曲も素敵です。

どうぞよろしくお願いします!

 

考えてつくる音楽は、たのしい。-「ペンギンスTIPSシリーズ」スタートによせて-

 クリエイターはあまり考えていないほうがカッコいい、的な気持ちは、僕にもある。憧れたこともある。でも、そううまくはいかなかった。もともと理屈っぽい性格なのだろう、少年のころから「どうやったらヒット曲がつくれるか」みたいな事ばかり、気づけば20年以上考え続けてしまった。
 どうせなら、徹底的に考えてつくろう、と決心を固めることができたのは、職業作曲家という道をめざし始めてからのことだ。そのときに「考えること」を「カッコ悪いこと」だと思わずに済むようになった。むしろ「考えること」を「カッコ良いこと」と思えるようになった。
 考えることを積み重ねていくうちに、今度はそれを人に伝えたくなった。と、いうよりも仕事上、コーライティングという場面では、考えたことを伝えなければダメだ。それも誤解なきよう、相手に気持ちよく受け取ってもらえるように伝えなければ。そこで言語化能力が少しずつ磨かれた。その時に「いちいち言葉で説明すること」を「カッコ悪いこと」だと思わずに済むようになった。むしろ「わかりやすく説明できること」を「カッコ良いこと」だと思えるようになった。

 今年にはいってから、何か自分の仕事の「軸」になるようなものがほしいとずっと考えていた。クライアントから頼まれるお仕事はありがたいし、それがメインなのだが、それ以外に自分の軸となるようなもの。かといって、昨年リリースしたようなソロ曲というものも、本質的な音楽ではあるものの、「軸」という言葉はちょっと違うな、と思った。そのときに、自分に素直になって考えてみると、やっぱり「音楽について考える」ことがぼくは好きなのだ、ということに立ち返った。音楽について考え、そしてそれを言葉にして、だれかに伝えるのが好きなのだ。楽しいのだ。

 そんな気持ちから、ひとつのシリーズが生まれた。それが今月からはじまる「ペンギンスTIPSシリーズ」だ。第1回は7月31日16時から、オンラインで開催する。題して「コンペで決まる!再生数が伸びる!あなたの曲をキャッチーにする12の方法」。

【申し込みは以下のPeatixリンクからお願いします】

penguins-tips-vol1.peatix.com


この日は盟友・長沢知亜紀と共に、「キャッチー」について考え、そして具体的なTIPSに落とし込む形でお伝えしていきたい。「自分の曲がなかなか人に聴いてもらえない、人の印象に残らない」「自分の音楽の何かを変えればよくなる気がするが、何を変えればいいのかわからない」そんな気持ちになっている人は多いはずだ。そんな人たちに、僭越ながらなにかのヒントをお届けすることができれば幸いだ。

この「ペンギンスTIPSシリーズ」では、いくつかの具体的な想いを掲げている。

・TIPSへの落とし込みを重視する。
これは、アカデミックな理論や、オンラインサロン的な経験談よりも、誰もが再現可能で、具体的で個別のノウハウ=TIPSを重視するということ。これは僕のポリシー、というよりは正直、マーケティングの産物だ。これまでこのブログを書いてきても、経験上アカデミック寄りの記事より具体的な注意事項などを列挙した記事のほうが明らかに人気があった。そのことを素直に受け止めようと思った。

・学びのサイクルを意識する。
これもマーケティング的な話になるが、今やセミナー、教室のたぐいの最大のライバルは「自習」だ。僕だってギター教室に通わずYouTubeで動画を見て勉強しているし、すぐれたwebサイトに正しい知識のアーカイブが山ほどあり、ググればすぐ見つかる。こんな時にお金を払ってまでセミナーに参加する意義がもしあるとすれば、それは「予習、復習といった学びのサイクル」「質問に答えてくれる」といったインタラクティブな関係にあると思った。そこで学びのサイクルを意識して、予習して、質問して、理解して、復習するといった好循環が生まれるよう設計していく。

・ワークショップを交えつつ、継続していくシリーズになっている。
これは僕の想いからくるものだ。僕自身の苦い反省でもあるが、なんでもそうだが新しいことを知ると知的好奇心が満たされるがゆえに、かえって「知的好奇心でストップ」してしまい、「知的好奇心だけではない、実際の日々の仕事に活かすための実践」までたどり着けないという経験をしてきた。そこで第2回以降、定期的にワークショップ形式の開催も交えていく。そしてテーマを変えつつ、セミナー形式とワークショップ形式を入り混じった形で、長く継続していきたい、と思っている。単発のセミナーは多数開催を経験してきたし、そこに多くの方が来てくださったのはありがたいことで、感謝しているのだが、やはりそれを超えていくには、継続したシリーズとして価値を提供していくということが必要だと思った。

というわけで、長々と書いてしまったが、伝えたいことはタイトルに凝縮されている。「考えてつくる音楽は、たのしい」ということだ。そのことを感じるために、ぜひ7月31日の第1回を「体感」してほしいと思う。

上記のPeatixサイトへのリンクにて、申し込みボタンを押して頂けたら幸いです。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210713000127j:image

「To goでよろしく!」楽曲提供のおしらせ

こんにちは、作曲家のペンギンスです。
一昨日となりますが、配信リリースありましたのでおしらせです。

open.spotify.com


22/7(ななぶんのにじゅうに・ナナニジ)のユニット「晴れた日のベンチ」の楽曲「To goでよろしく!」を楽曲提供させていただきました。
日向坂46「cage」などを手掛ける水流雄一朗さんとのコーライトです。

「To goでよろしく!」
by 22/7(ななぶんのにじゅうに・ナナニジ)ユニット「晴れた日のベンチ」

作詞:秋元康
作曲:ペンギンス/水流雄一朗
編曲:TomoLow

個人的にもお気に入りな1曲!
7月6日より各種配信サービスで配信開始してます。
よろしくです!

「勇気管理シート」でわかったこと

おはようございます、作曲家のペンギンスです。

前回のブログで、「勇気管理シート」をつくってみたよ、という話をしましたが。

www.penguins-cowriting-days.com


実際つくってみて気づいたことをさらっと書いてみたいと思います。

1.なにをもって「勇気を出した、リスクをとった」とするのかの定義が難しいので、勇気とは、リスクとは、と考えるきっかけになっている。

まぁ見切り発車ではじめたんで、当初から悩んでた箇所なんですけども。「なにが勇気か、なにがリスクテイクか」って難しいですよね。「飲食店で、食べたことのないものを頼んでみた!」とかね笑。それは確かにリスクテイクなんだけど、毎日そんなもんでリストが埋まっても著しく音楽的に成長するわけないのでw、でも音楽に限った話かといえば全然そんなことはなくて、たとえば髪型変えたりシャンパンゴールドのスニーカー履いたりしたらちょっと良いリスクテイクですよね。だからまあこれは難しいんですけども、シート運用しながら自分なりにまさにここを、考えるきっかけになりつづけたらいいなと思ってます。

2.こまけー理屈(上記(1)とかw)は抜きにして、ざっくり言って「とにかく勇気は出していない、リスクはとっていない」ことだけはまちがいなさそう。空欄が続く・・・。

夜にシートみて「なんかリスクとったかな」とか思うんですけども。なかなか難しいですね・・・。今の所目立つのは「言いづらいけど言った」系です。やっぱり自分ひとりでやることはそこそこ好きにやれるんですが、人に頼む、人を動かす(変える)、人にやってもらう、人にお願いする。そういう場面では勇気がいるんだなっていうのは改めておもいました。

もうしばらく観察してみようと思います。

今日はどんな勇気を出そうか?

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210706095412j:image

「勇気管理シート」をつくってみた

こんにちは、作曲家のペンギンスです。
いやぁ、梅雨は、萎えますね・・・。
はやくこいこい、なつやすみ。

さて、6月23日のこちらのnoteと、

note.com


それをうけての6月28日のブログ。

www.penguins-cowriting-days.com


「成長するためには上手にリスクを取らないと。こういうのは習慣の問題だから、1日1回勇気を出そう」と思いつき「そのために何をすればいいのか」と考えていたのですが・・・

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210702145025p:plain


はいまた出た、この手ですよw
「勇気管理シート」の登場です。

毎日勇気を出してリスクをとったか管理することにしました。
ITコンサル出身の性でしょうか、このタイプの打ち手ばかり思いつきますw

なんか、ばかみたいだけど、もうその笑える感じも、
けっこう好きだなと自分で思っています。

でもほんと、実際シートにしてみると、勇気って、出してないね!

勇気にカウントできるものなんてホントない。

1日1回どころか3日に1回もないんじゃないかな?

とりあえず今日(2021.7.2)から、毎日なにかリスクをとってみます。