「年間100曲」ペンギンスのコーライトな日々

コーライティング(Co-Writing)で年間100曲を完成させ、職業作曲家としてメジャーアーティストに楽曲提供しているペンギンスが、毎日のコーライティングで想うことを書いてます。

ひとりで曲づくりをふやした結果

こんにちは、作曲家のペンギンスです。

最近、コーライトではなくひとりで曲を作る機会を意図的に増やしています。2月は、作った曲のうちだいたい3曲に1曲はノン・コーライトでした。

自分の「個人的な、フィジカルな音楽力」を確かめたい、試したい、向上させたい、という気持ちがあったけど、実際にひとりで曲づくりする習慣をもつと、コーライトが早速恋しくなる局面もあります笑

その最大のものが「待ってくれてる人がいる」ということなんですね・・・w

ひとりで〆切に向けて作ると、間に合わなくても誰にも迷惑がかからないので、基本的には「やっぱり仕上げるのやめよう」という危険な誘惑にかられるようになります笑。コーライトの最大の利点のひとつは「相手のためにも最後まで頑張ろう」という気になることなのは、コーライトを経験された方なら全員、骨身に沁みているのではないでしょうか笑。

そんな自分から逃げないために笑、まずは仮歌さんのスケジュールを押さえてしまって、「仮歌発注しなければ申し訳ない、期限までに歌を発注しなければ申し訳ない」という気持ちで詞曲を進めていきます(受動的w)。で、歌が到着すると「まぁ、歌まで録ったんだから仕上げたいよね」という気持ちが大きくなり、そして歌ものというのは歌さえあればなんとかなりますので(ほんとに)、まぁ完成するわけですね。

ただ、自分にしか迷惑がかからないとなると、本当に自分に迷惑をかけることになります。最後にどれだけギリギリにアレンジに着手しても誰もやきもきしないので、昨夜などは睡魔と戦いながらちっともアレンジが進まず、今朝〆切3時間前に起床してアレンジを始めるということになってしまいました。クオリティOKで、間に合いましたが。

多分なんですが、この昨夜のケースも、コーライトだったら眠くならなかったと思うんです。相手と「ここどうする?」なんてmessengerでやり取りしてるときって、どんな場合も常に一定の緊張感はあるので、早々眠くなるものではありません。だから結局、ひとりだと自分にかえって甘くなるのだと思います。

そんな学びを経て、夜が明けて3月に入りました。今月はもう少しトップライナーという自分のコアに立ち返って、コーライトで積極的にたくさんの曲を作っていこうかな、と思っています。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210301153739j:image

月末。

おはようございます、作曲家のペンギンスです。

 

月末ですよみなさん!!!

 

フリーの皆さん請求書出しましたか?

サラリーマンの皆さん給料振り込まれましたか?

 

我々作曲家というのも月末は「なぜか」忙しいです。

何事もそうであるように曲作りもやはり締め切りがありますが、なぜか月末締め切りは多い。

 

よく考えればそんなに曲というものを月末に必要とするわけはないんですが、おそらくいつでも良いというのも困るので、便宜上クライアントも「まあ、今月いっぱいメドでは一度欲しいかな〜」くらいの気持ちで月末を締め切りにするのだと思います。

 

その結果締め切りが大渋滞です。

がんばります。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210225095353j:image

カフン

おはようございます、作曲家のペンギンスです。

僕、花粉症なんですが、今年もゴリゴリにやりやがってますね。

朝起きると花粉が目のまわりを覆い尽くしていて、きな粉の海に抱かれて目覚めたみたいで、やりきれません。

目にきますね僕は。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210223085138j:image

花粉症ほんと嫌なので逆に曲にならないかなと思って。昔「キナコ」って曲作ろうとしたことをいま思い出しました。

花粉症メンバーで作ったけどアレ、完成してないなそういえば・・・笑

コーライトおやつシリーズ再び〜「ソフトサラダ」(亀田製菓)

こんにちは、作曲家のペンギンスです。

以前このブログで何回かにわたって取り上げた「コーライトおやつシリーズ」が、ついに帰ってきました!笑

今回ご紹介するのは亀田製菓の名作、「ソフトサラダ」です。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210219155225j:image

なんと今年で発売から50周年を迎えると言う伝説の銘菓です。子供の頃実家でも貪るように食べていたのですが大人になっても子供ができてもやっぱり離れられません。というか息子(6歳)もソフトサラダが大好きで、「おせんべい」と言えばソフトサラダを指すのが我が家では常識です笑。

ちなみにソフトサラダと言う商品名の語源ですが、ソフトというのが塩味のことで、サラダと言うのは当時まだ珍しかったサラダ油を使った製法だからと言うことに由来しているようです。

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210219155231j:image

食べ始めたら止まらないので注意が必要です。あと、ギターなどの弦楽器を弾く前にはもちろん、弦を痛めるので決して食べないようにしましょう笑。

最近少し太ってしまいダイエットしていたのでお菓子を控えていたのですが、幸いみるみるうちに元の体重まで落とすことができたので、また元気いっぱい食べていきたいと思います(そういうことじゃない)

音声入力

おはようございます、作曲家のペンギンスです。

 

iPhoneの音声入力でブログを書いてみることにしました。これまで音声入力ってなんとなく避けてきたのですが、Apple Watchで使ってみるとめちゃくちゃ便利で、すきま時間を有効活用するにはうってつけだなと思いブログを書くのに使ってみることにしました。

 

実際に音声入力でブログを打ち込んでみると、使い慣れている人にとっては今更という感じかもしれませんが句読点、いわゆる「てん」や「まる」が自由に打ち込めるし、何なら改行も自由に音声入力できるのは知りませんでした。こうやって入力している内容も、ほぼ音声入力のまま無修正でいけてます。

 

これを機にもっとブログを積極的に更新していきたいと思います!

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210216093059j:image

グレイス・ジョーンズ!

いい!

 

f:id:PENGUINS_PROJECT:20210213081604j:image

 

石岡瑛子デザインの衣装から「デヴィッド・ボウイ的なことなのか?」と思ってたんですが、もっとアメリカ的かつカリブの風も吹き。

 

Slave To The Rhythm - Hot Blooded Version - song by Grace Jones | Spotify

 

すごく好きになりそうな予感がします。

 

しかもこの曲はトレヴァーホーンのプロデュースなんですね!

 

いろいろみてみようきいてみよう

おすすめSpotifyプレイリスト「City Pop: シティ・ポップの今」

おはようございます、作曲家のペンギンスです。

今日はオススメプレイリストの紹介を。

 

City Pop: シティ・ポップの今 on Spotify

 

シティーポップブームですよ、なんて言われて久しいですがその中心地のひとつでもあるSpotifyでは多数のプレイリストがキュレーションされてます。

ただやはり基本的に言ってしまえば「過去の音楽」という側面は否定しがたく、80'sヒッツ的なラインナップが多いんですが。

この「City Pop: シティ・ポップの今」は、過去のアーカイブ的な側面もしっかり残しつつ、メインの選曲を今2021年に活躍してるアーティストの、今のリリースをメインに構成されてるところが良いです。シティーポップブームの、原因ではなく結果に着目してるとも言えますね。

君とdrive - song by YONA YONA WEEKENDERS | Spotify

この辺が個人的にはオススメです。

 

朝から是非聴いてみてください。シティーポップって夏か朝に聴くとハマりますよね笑