「年間100曲」ペンギンスのコーライトな日々

コーライティング(Co-Writing)で年間100曲を完成させ、職業作曲家としてメジャーアーティストに楽曲提供しているペンギンスが、毎日のコーライティングで想うことを書いてます。

思ってること

感覚(アート)のひとと、技術(クラフト)のひとをつなぐ論理的なわたし

こんにちは、作曲家のペンギンスです。むちゃくちゃいい天気でテンションがあがっています。久々のブログ更新です。そして久々にコーライト論的なことをちゃんと書きます笑少し前にちょっと流行ったビジネス書で、山口周氏の「世界のエリートはなぜ「美意識…

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます、作曲家のペンギンスです。 昨年はスウェーデンコーライトの実況中継など楽しんでいただけましたでしょうか。振り返ってみると、コーライトという方法論が自分にとって当たり前のものになりすぎて、なかなかブログに書く新し…

帰国しました!

こんにちは、作曲家のペンギンスです。 先ほど成田に帰国しました。 いやー、日本暑いす笑 むちゃくちゃ暑いす笑 スウェーデンで印象に残った言葉。 OPEN MIND。 新しい音楽、新しい人。新しいやり方。 変わること、受け入れること、楽しむこと。 なんか、自…

Session Day2 感想

おはようございます、作曲家のペンギンスです。ストックホルムは朝の7時、昨日まではずっと雨でしたが今日は日差しが少しのぞいています!さて昨日の感想を。昨日は一昨日(初日)につづき、セントラルエリアにあるSnowflakeというPublisherが持っているBjor…

Session Day1 感想

おはようございます、作曲家のペンギンスです。2日目の朝は早く目が覚めてしまいました。時間があるのでスウェーデンコーライト初日の感想でも。1.雑談大事僕のコーライトメンバーは歌えて歌詞が書けるプロデューサーと、歌えてトラックが作れるシンガーの2…

「壁打ち」の相手がいることのありがたさについて

こんばんは、作曲家のペンギンスです。朝8時の〆切に向けて現在最終仕上げを待っているところです。イントロの構成を変えたら印象が激変してテンションダダ上がりです。行ける・・・!さて、待ち時間にブログ更新です。今日は「壁打ち」についてです。以前10…

コーライトがさらに普及するために必要だと思ったこと

こんばんは、作曲家のペンギンスです。近所でお祭りがあって、この土日はずっとお祭りの音が聞こえてきます。ぴーひゃらぴーひゃら。GWの真鶴キャンプではアーティストとコーライティングして、結果は上々でした。レーベル的にもマネジメント的にも好評を頂…

ディレクション(に専念する)コーライトを始めてみた

こんにちは、作曲家のペンギンスです。 色々と思うところがあって、ディレクションに専念するコーライティングというのを始めてみました。 誰かほかのトップライナーがいて、誰かほかの作詞家、シンガーがいて、トラックメーカーがいて。僕は全体のディレク…

トラック先行、たのしい!

こんばんは、作曲家のペンギンスです。 最近はトラック先行のコーライトが楽しいです。 多分海外はほぼ全部そうだろうし、日本でも主流はそっちみたいですが、僕はなかなかトラック先行のコーライトをする機会がありませんでした。手がける曲が割とメロディ…

歌謡曲こそコーライトに向いている?(&コーライトおやつの新作が出ました)

こんばんは、作曲家のペンギンスです。相変わらずコーライトに追われてるというかコーライトを追いかけてるというか、とにかくデッドヒートです。 以前コーライト中に食べたいおやつという話をしましたが、その時は確かコーヒーゼリーとか柿の種の話をしてい…

ブログ開設半年!

こんにちは、作曲家のペンギンスです。 おかげさまでこのブログを開設してから昨日で半年が経過したようです。(ご丁寧にもはてなブログが僕にメールで通知してくれました。) 当初は続くのかな・・・と思っていたこのブログですが日々の雑感、観た映画の感…

ありがとう、小室さん。

こんばんは、作曲家のペンギンスです。新年以降マジで更新できてなくてごめんなさい。 そんななか、皆さんご存知の小室哲哉さんの引退発表がありました。色々な報道がなされる中、堂々引退とは言い難い形で、とても残念です。そして何より寂しいです。日々の…

良い曲よりも「似合う曲」

こんばんは、作曲家のペンギンスです。 年末に長沢さんとの対談を連載して以降、すっかり多忙になってしまいかなり更新のペースが落ちてしまっていました。私事ですが引っ越しを控えていたというのと、コーライト面でいうと何曲か並行して非常に重要な案件を…

作家対談企画・with長沢知亜紀「もうね、みんなコーライトしたらいいと思いますよ」最終回「歌、歌詞、コーライト、そして人生」

「歌怖いって思いますね。最近。(ペンギンス)」 ぺ:あとね、まったく別パターンもあって。1年くらい経って昔のデモを聴き返して「これはベストじゃなかったな」と思うことが多いのは、歌。 長:あぁ、なるほど。歌クオリティ? ぺ:そうですね。歌ですね。…

作家対談企画・with長沢知亜紀「もうね、みんなコーライトしたらいいと思いますよ」第5回「こだわって、こだわって。」

「曲のタイトルに死ぬほどこだわりたい(長沢)』 でも、どっちですか長沢さんは。作詞家の歌詞か、作曲家の歌詞か。ぼくがみてると、作詞家の本質があるのかなって。 長:お?笑 心はシンガーソングライターですよ。でもたぶん、コピーライターでいたい。 ぺ…

それは事実なのか?

こんばんは、作曲家のペンギンスです。しばらく「コーライティングの教科書」の紹介シリーズが続きましたが、久々に通常回です。以前どんなテーマでブログが読みたいかということで、タイトル候補をいくつか挙げたときに、意外とみなさんから興味を持ってい…

「コーライティングの教科書」紹介 vol.6(最終回)「この本と実体験との結びつき」

こんにちは、作曲家のペンギンスです。 シリーズで紹介してきた「コーライティングの教科書」も今回で最終回となりました。最終回はこのBLUE BOOK(青本)と僕との実体験との結びつきなんかを雑談ちっくにお話して締めたいと思います。 この本が発売されたのが…

「コーライティングの教科書」紹介 vol.5「コーライティングメンバーの見つけ方」

こんばんは、作曲家のペンギンスです。 何回かにわたって「コーライティングの教科書」の紹介をしてきましたので、そろそろ「僕も私も実際にコーライトしてみたいな、でも誰とコーライトすればいいんだろう・・・」という気持ちになっている人も多いのではな…

「コーライティングの教科書」紹介 vol.4「オンライン、セッション、キャンプ。それぞれの風景」

こんばんは、作曲家のペンギンスです。 シリーズで紹介している「コーライティングの教科書」ですが今日のテーマは「オンライン、セッション、キャンプ。それぞれの風景」です。この本の中には「web上のやりとりで進められるコーライト」「海外での1day単位…

「コーライティングの教科書」紹介 vol.3「国際基準のルールがあることのメリット -日本で制作する日々に風穴を-」

こんにちは、作曲家のペンギンスです。前回に引き続きBLUE BOOKこと「コーライティングの教科書」を紹介していきたいと思います。 黒船を引き合いに出すまでもなく日本人は外圧を受けて変わるのが得意です。なにがしかの外国由来のアイテムやら慣習やらがな…

「コーライティングの教科書」紹介 vol.2 「いま、日本で「あえてコーライティング」することの価値」

こんばんは、作曲家のペンギンスです。眠れない夜はブログを書きます。というかvol.1書いたあと3日も空けてしまってすいません。 書籍「コーライティングの教科書」を紹介するシリーズですが、実際の書籍の中身はぜひAmazonで買って読んでいただくとして(笑…

Eテレ「Eダンスアカデミー」で目撃したコーライトと同じモメ方

こんにちは、作曲家のペンギンスです。 突然ですが、僕は子持ちです。2歳9ヶ月になる男の子がいます。保育園にお迎えに行くのが僕の担当です。お迎えに行って帰って、ご飯を食べさせると19時くらいになっているのですが、その時間にEテレを付けると金曜日に…

自然とのコーライト〜映画「Ryuichi Sakamoto: CODA」

こんにちは、作曲家のペンギンスです。 恵比寿ガーデンシネマで公開中の映画「Ryuichi Sakamoto: CODA」を観てきました。 ryuichisakamoto-coda.com タイトル通り坂本龍一さんのドキュメンタリー映画で、YMO時代の貴重な映像やラストエンペラーのサントラ収…

コーライトって、地方でもできるの?

こんばんは、作曲家のペンギンスです。写真は今年の夏に行った北海道の支笏湖です。いやぁ北海道めっちゃ良かったです。今ごろ厳しい冬を迎えているのでしょうが冬の北海道もいつか行ってみたいです。 前回のエントリ「何書こうかな・・・」にFacebookなどで…

何書こうかな・・・

こんにちは、ペンギンスです。写真は数年前に行ったグアムです。今日すごく寒いので夏が恋しくて写真フォルダから探してきました。僕は冬が大の苦手です。なぜならすごく寒いからです。早く来い、夏。 いちおうブログのネタを書きためたメモみたいのはあるん…

得意を作って、不得意を作ろう

こんばんは、ペンギンスです。 もうすぐBlack Fridayという音楽家界隈の一大イベントがやってきます。といってもこれは別にフェスとかそういうのではなくて、端的に小売業であらゆるものがバーゲンセール状態で大安売りになるというイベントです。元々アメリ…

シドニー・オペラハウスに見るファーストデモの理想形

おはようございます、ペンギンスです。寒くなってきましたね。きょうは日本でコーライトをスタートする際に最初に作られることの多い「ファーストデモ」の理想形ともいえる、あるスケッチのお話をしたいと思います。 メロディーとコードだけの「ファーストデ…

トラックメーカーをやって思ったこと

こんにちは、作曲家のペンギンスです。 数えてみたら300曲近くコーライトをしてきたのですが、そのほとんど全てがトップライナー(メロディー、時には歌詞も)での参加でした。トラックメーカー担当をわざわざやることはほとんどゼロでした。自分ひとりで作…

「ザ・ドリームマッチ」はコーライトのお手本だ!

こんにちは、作曲家のペンギンスです。 コーライトってなんだろうっていうのを誰にでもわかりやすく「ああそういうことね」と説明できるものをずっと探していたんですがこれは良い。松本人志&内村光良 ザ・ドリームマッチ09 これはTBSで2009年に放送された…

「メタメロディー」という捉え方が大事な気がする

こんにちは、作曲家のペンギンスです。外付HDDがうまく認識されません。ケーブルを替えたりしながら騙し騙しやっていたのですが本当になんとかしないとまずいですね。。。 さてそんな中ではありますが先日某所にてコーライティングセッションに参加してきま…